Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Profile
LastestEntry
Comment
Archive
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
まったり日曜
評価:
佐原 ミズ
新潮社
¥ 560
(2008-03-08)

 
本棚を整理していて、思わず読みふけってあまつさえ泣いてしまっていたという罪作りな本。家族ネタに弱いんだYO!

設定は昔の恋人の葬式の時に自分の子供がいたことを知りーというものなんですが、毎巻毎巻目から汗が流れてきます。

おおう、しょっぱい汗なんだぜ…!

こはるちゃーんんんんっ!

コハルちゃんの精いっぱいさやマサムネくんのまじめさや周りの人のやさしさ、すべてが溢れている話です。ちっこい子もちっこいなりにいろいろ考えているんだなーって思う。

私は今の職場にいて3か月で、前の席に座っている班長は30年選手で、その隣にいる先輩は20数年選手で、私の隣にいる先輩は2年目で、それぞれの人が自分の視点で考えてやっていることを生意気な感じで思ってしまっているよ。

私なんて自分の仕事を把握するだけで精いっぱいで、余裕がない対応しかできなくて、

先輩に

「電話の時とかつんつんしてない?」

とか言われてしまったけれど(先輩私の心中のてんぱり具合を感じ取ってほしいですorz)、そういうところも心配して(と思いたい)見てくれているんだなーとか、班長たちもいろいろ気にかけてくれたりしてくれたりするのを感じて本当に申し訳ないかつありがたいなーとか思ってしまう。

いや何が言いたいかって言うと、どこの世界もいろんな人がつくりあげるっていう…うん、何でもないです。

| - | comments(32) |
今日も丁寧に
評価:
松浦 弥太郎
PHP研究所
¥ 1,365
(2008-12-11)
コメント:本屋さんで何気なく手に取った本。読んでいてほっこりした気持ちになります。作者の方の優しさの中の厳しさを感じ、またただ繰り返しのような日々を大切に過ごそうと思わせてくれます。

 
本屋さんで何気なく手に取った本でした。毎日ちょこちょこ読んで、読むたびに何だか気持ちがほっこりしました。

私が好きなところは「心のこもった食事」の話です。(食い意地がはっている感ありありで申し訳ないのです…)

ちょうどこの記事を読んだあとすぐに旅行に行ったんですが、一泊二日なのに二日目の夕食あたりで、もう家のご飯が食べたいよーという状態に陥っていました。

これはなんなの?我が家のごはんは一般家庭のご飯だし、今は旅行先のおいしいごはんや結構豪華な食事(当社比)をとっているはずなのに!と思ったんですけど、考えてみるに二日間もまるまる外食ばかりという状況に私の胃や精神が耐えられなかったらしいです。

そこで思い出したのが、その「心のこもった食事」の記事でした。

家じゃ食べられないようなご飯をたんまり食べれて満足なのに、やっぱり外食は外食というべきか。時々はいいけど、朝も昼も夜も外食だと耐えられないらしい。

こういうことか!とともに、すんごい幸せなご飯を日常食べてんだなーと思った旅行帰りでした。ちょっとそれを考えたらいろんな意味でしんみりしちゃったけど。

一泊二日でこんな状態じゃそれ以上の旅行いけないじゃん…orz

| - | comments(0) |
| 1/1 |
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex